平均合格率は10%前後!とても難しい試験です

ホーム > 試験について > 平均合格率は10%前後!とても難しい試験です

日商簿記1級は厳しい世界

日商簿記1級は、税理士や公認会計士などの国家試験の登竜門とされていて、合格すると、大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算と会計学を修得している証明となります。
受検者数はそれほど多くはありませんが、簿記検定の最高峰として、国家試験への足がかりとして人気の試験です。
それでは、日商簿記1級の受験者数、合格者数、合格率をまとめてみましょう。

日商簿記1級の合格率(平成30年~令和元年)

日程 受験者数 合格者数 合格率
第153回
(R1.11.17)
9,481 735 9.8%
第152回
(R1.6.9)
8,438 575 8.5%
第150回
(H30.11.8)
7,588 680 9.0%
第149回
(H30.6.10)
7,501 1,007 13.4%

平成30年から令和元年までの受験者数や合格者数、合格率などを見てみると、各回の合格率にかなりの差があることが分かります。簿記検定の中では一番難易度が高い試験だけあって、合格率を平均すると10%前後となり、ほかの級に比べると低い結果となっています。
6月と11月の年に2回行われる試験のうち、平均合格率が高いのは6月試験で、ほかの2級や3級とは異なった傾向となっているようです。

(Visited 6 times, 1 visits today)