簿記のDVD入り教材の定番「サクッと簿記」の是非

簿記受験者の間で、口コミなんかでたびたび持ち上げられている教材に「サクッと簿記」シリーズがありますよね。このサイトで取り上げることから察しがつくかもしれませんが、講義を収録したDVDもつくられているんです。

このサクッと簿記、ネットスクールが発行しているシリーズに属する製品です。テキストや問題集ほか、数種類の教材を組み合わせて使うのがオーソドックスな使用方法とされています。コスト面ではわりと手ごろみたいですし(だからこそ、「サクッと」使って「サクッと」合格しましょうというコンセプトを体現している~、と評価できるんですが)テキストがかなりわかりやすく書かれています。あまり読解力に自信を持てない受験者でも、読んでいて「壁」を感じてしまうという恐れはしなくてよいでしょう。

サクッと簿記に欠点があるとすれば? テキストや問題集その他の間に乖離があると評されることがたまにある点です。テキストのわかりやすさはかなり広く評価されているのですが、肝心の問題を中心に解いていこうとしたときにギャップが生まれてしまうことがある模様です。問題の難易度が上がったときは、どうしても説明と問題の間に隙間が生じやすいという傾向は(どんな教材の場合でも)あるのですが、その点でつまずきを覚える受験者が毎年発生していることは否定できません。

テキストが役に立たなかった、という感想を唱える人はかなり少数派のようですから、テキストを中心に買って参考にするという手はありでしょう。テキストとDVDをセットにするという手も悪くないでしょう。ただし、このサクッと簿記だけで受からなかったという受験者もいることを、念頭に置いて使用するのがよさそうですね。