簿記の、DVDもセットになった教材「スッキリわかる簿記」の真実

TAC出版という出版社があります。名前でわかる通り、あの資格のスクールの大手のひとつであるTACの直属の版元です。そのTAC出版のロングセラーシリーズの中に「スッキリわかる簿記」シリーズがあります。

このスッキリわかる簿記シリーズは全体として、初学者の勉強を意識して製作されているんだそうです。実際に、挿絵や図表はかなり多く、文字ばっかりの参考書を読むのが苦手という向きには推薦しやすいという長所がありますね。

このシリーズもただ解説書だけというわけではないようです(つまり、テキストのほかに問題集、さらにDVDのような教材に展開されています)。ただ中心テキストにも多少の問題が入っています。それらの問題をすぐにやってベースの学力を固めていくことはおそらく難しくありません。

スッキリわかる簿記シリーズに注意点があるとすれば、どうしても初学者向けのため「物足りない」と感じる受験者が毎年必ず発生していることでしょうか。また「よかった」という感想を持つ人でも、全範囲について高評価をだしているとは限りません。「ところどころイマイチだった」と答える人も小すながら毎年必ず出現しています。

「まったく違うところから出ている問題集を合わせて使ったら、すごくよかった」という意見もちらほら出ているでしょうか。これは不評ということではないでしょうが、このスッキリわかる簿記シリーズだけで万全の対策ができるとは考えなかった受験者がいることをにおわすエピソードということですね。テキストやDVDだけを買うのではなく、問題集等も買うことや、さらに他社の教材や講座等も使うことを前提にしたほうが無難かもしれませんかね。