簿記1級受験生の大半が、仕事をしながら合格を目指しています

ホーム > 勉強方法 > 簿記1級受験生の大半が、仕事をしながら合格を目指しています

仕事をしながら合格できるのか

本サイトを訪れた皆さんにとっての最大のお悩みと言えば「仕事をしながらでも合格が可能なのだろうか?」という点であると思います。

簿記1級に独学であれ何であれ挑戦するとなれば、どうしても1年程度の学習期間を見積もっておく必要があります。仕事をしながら1年、もしくはそれ以上の期間を学習に費やすことについて、「本当に続けられるんだろうか」と不安になるのは無理もないこと。

しかしながら、圧倒的に社会人受験生の多い簿記1級は、仕事と勉強の両立をしながらの合格者が多い点も特徴のひとつなのです。

 
ただし、仕事をしながら簿記1級に挑戦するにあたって、まずは「独学へのこだわり」を一旦見直す必要があると言えます。

資格の学習にあまりお金をかけられない等、個々の事情はあると思います。ですが、本気で合格を狙う上で独学はただでさえリスキーな対策法ですから、仕事との両立という観点ではさらに厳しい状況が強いられるはずです。

事実、仕事をしながら簿記1級に独学での合格を狙っている受験生で、「もう何年も勉強を続けている」とった長期受験生の存在は決して珍しいものではありません。

時間を費やし、毎年の教材費にお金を費やし・・・となれば、「無理なく独学で」という想いからスタートした独学受験も、もはや「無理なく」とは言い難いのではないでしょうか。

それならばいっそ、独学以外の選択肢に目を向けてみる必要があると思うんです。

正しい勉強法を選びましょう

 
簿記1級合格に向け、独学以外の選択肢といえば、予備校通学や通信講座の受講といったものがあります。

仕事をしながら、となると、スクール通いはなかなか現実的ではありませんから、通信教育を活用している社会人受験生が非常に多いのが特徴です。

「講座開講時期は自分次第」、「合格に必要なものはすべて提供される」「都合の良い時間に勉強できる」、通信教育は社会人の簿記1級受験においてはまさに理想的な学習法であると言っても過言ではありません。

☆今話題の通信教育はこちら!フォーサイトって何?

(Visited 11 times, 1 visits today)